スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.10 (Fri)

郷土料理「ぼうぜの姿寿司」


徳島の郷土料理「ぼうぜの姿寿司」の紹介です。

「ぼうぜ」とは、徳島弁でイボダイ(関東ではエボダイと呼ばれる)のことで、9月から10月が漁の最盛期です。

「ぼうぜの姿寿司」は、イボダイを頭のついた丸のままで背開きにし、酢で締めて、寿司飯を詰めて押し寿司にした郷土料理で、酢で締めたイボダイは柔らかくなっており、頭から丸ごと食べられます。
さらに徳島では、すだちを寿司の上に添えられたり、イボダイを締める酢やすし酢にも加えたりします。

「ぼうぜの姿寿司」は、秋祭りの頃食べる風習があり、各家庭でも作ったりしますが、寿司屋や駅の売店やスーパーマーケットでも一般的に売られています。

また、徳島県では、イボダイに限らず、マアジ、アユ等、種々の魚の姿寿司をよく食べる習慣があります。
ぼうぜの姿寿司

テーマ : 徳島県 - ジャンル : 地域情報

19:12  |  観光情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aiaiplaza.blog44.fc2.com/tb.php/39-b98b5c03

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。